読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web 上のリソースとその表現

RSpec で request spec を書くとき、get "/users/:id.json" と書くかわりに get "/users/:id" と書くとエラーになりました。

ActionController::UnknownFormat:
  UsersController#show is missing a template for this request format and variant.

リソース /users/:id に対して拡張子で指定しないならば、HTTP リクエストのヘッダに Accept: application/json をつけて、クライアントが利用したいデータ形式を指示する必要があります。

そもそもなぜこういうふうになっているのかを整理しました。

リソース

リソースとは Web 上に存在する情報そのものであり、URI (Uniform Resource Indicator) で指し示せます。たとえば次のようなリソースが考えられます。

  • 人のプロフィール
    • URI 例:http://example.com/users/john
  • ブログ記事
    • URI 例:http://example.com/entries/2017/01/01

わかりやすい URI でリソースを指定することで、どのような情報なのかが人間にとってわかりやすくなります。なお、ここでは、その情報がどのような見た目(表現)になっているかについては言及していません。

また、リソースに対して、HTTP のメソッド (GET, POST, PUT, PATCH, DELETE) を使うことで CRUD をはじめとする各種操作が実行できます。

リソースの「表現」

「表現」という言葉はリソースがどのような形式のデータになって、サーバ/クライアント間で通信されるかを指しています。表現には次のようなものがあります。

  • メディアタイプ
    • HTML, XML, JSON, JPEG, PDF など
  • 言語
    • 日本語、英語、中国語など
  • 文字エンコーディング
    • UTF-8, Shift_JIS など

リソースは複数の「表現」をとれる

あるリソースは次のように複数の「表現」をとりえます。

  • 人のプロフィールが HTML, JSON, PDF で表現できる
  • ブログ記事が日本語、英語で表現できる

リソース表現の指定方法

HTTP を介したサーバとのやりとりにおいて、リソースの表現をどう指定するかについては次のような方法があります。

  • クエリ文字列
    • GET http://example.com/users/john?format=json で人のプロフィールの JSON 表現を得られる
  • 拡張子
    • GET http://example.com/entries/2017/01/01.en でブログ記事の英語表現を得られる
  • コンテントネゴシエーション
    • GET http://example.com/users/john のリクエストヘッダに Accept: application/pdf を利用するとプロフィールの PDF 表現を得られる
    • ほかには Accept-LanguageAccept-Charset など

リソースと表現を分離する利点

リソースと表現の関係を疎にして、リソースが複数の表現をとれるようにすると、さまざまなクライアントが求める形式のデータを統一された HTTP のインタフェースで提供できるようになります。また、拡張性の面でも利点があります。

参考資料

Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST (WEB+DB PRESS plus)

Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST (WEB+DB PRESS plus)