読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Itamae + Vagrant でステージング環境を構築しようとしている

ここ数日、構成管理ツールの練習と自作の Rails アプリケーションを本番に近い環境で動かせるようにすることを兼ねて、Itamae を使って Vagrant 上にステージング環境を作ろうとしています。

とりあえず、Rails で構築した自分の web サイトである kymmt.com を動かすべく、Vagrant で CentOS 7 の VM を作って環境構築をやっていて、現状は Itamae で次の項目を実行できるようになりました。

  • rbenv で Ruby をインストール
  • Bundler をインストール
  • GitHub からアプリケーションのリポジトリをダウンロード
  • nginx のインストールと設定
  • PostgreSQL のインストールと設定

あまりキレイではないですが、試行錯誤しつつ作った現在の Itamae レシピは次のとおりです。

ハマった点

ここまでの作業でハマった点をメモしておきます。

psql を使うときは実行ユーザを変える

コマンド itamae ssh --vagrant で Vagrant の VM に対してプロビジョニングするとき、プロビジョニングの実行ユーザは root です。一方、PostgreSQL の DB アクセス用コマンド psql は、postgres というユーザから実行するコマンドとなっています。

ユーザ postgres としてコマンドを実行するために、次のように sudo を使います。

$ sudo -u postgres -i sh -c '<実行したいコマンド>'

sudo にオプション -u をつけると、指定したユーザになることができます。オプション -i/etc/profile.bash_profile などを読み込み直します。

その後ろの sh -c '<実行したいコマンド>' が大事なところです。ここに -u で指定したユーザとして実行したいコマンドを書きます。例えば、

sh -c "psql -c \\"SELECT * FROM pg_user WHERE usename='#{node['kymmt']['dbuser']}'\\""

と書くことで、ユーザ postgres として、psql を叩いて DB 用のユーザ作成を実行しています。

SELinux を無効にする

SELinux が有効なままだと、nginx 起動時に設定ファイルを読み込めないエラーが出たりします。

Itamae プラグインの itamae-recipe-plugin-selinux で SELinux を無効にしました。

include_recipe 'selinux::disabled'

レシピ内で利用できるヘルパーメソッドを作る

今回、リソース内の commandsudo を任意ユーザで実行できるように、ヘルパーメソッドを定義しました。

module ResourceHelper
  def sudo(user); "sudo -u #{user} -i"; end
end

これを Itamae のリソース内で使えるようにするためには、Itamae::Resource::Base::EvalContext にインクルードする必要があります。

Itamae::Resource::Base::EvalContext.include(ResourceHelper)

この方法は次のエントリを参考にしました。

今後の展望

まだ次のような TODO が残っているので、引き続きやっていきます。

  • Best Practice として紹介されているディレクトリ構成にする
  • Rails アプリケーションのデプロイを自動化する
  • Let's Encrypt の設定を自動化できるか調査する

Let's Encrypt は certbot-auto でインストールすると、TUI で対話式になって自動化しにくいので、ACME プロトコルで証明書を取得できるレシピを作らないといけないのかどうかが気になってます……