読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IRB の評価値出力を抑える

小ネタです。

問題

要素の多い Hash などの中身を確認するために、IRB (irb) を使って、その Hash の中身を表示したいときがあります。

このとき、例えば Mechanize::AGENT_ALIASES を表示するために、コマンドを

irb(main):002:0> pp Mechanize::AGENT_ALIASES

のように実行すると、コマンドによる出力と、IRB 自体が表示するコマンドの評価値の出力(ここでは最後の => 以降)の両方が表示されます。

irb(main):002:0> pp Mechanize::AGENT_ALIASES
{"Mechanize"=>
  "Mechanize/2.7.4 Ruby/2.3.0p0 (http://github.com/sparklemotion/mechanize/)",
 "Linux Firefox"=>
  "Mozilla/5.0 (X11; Ubuntu; Linux x86_64; rv:43.0) Gecko/20100101 Firefox/43.0",
 ...
 "Android"=>
  "Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.1.1; Nexus 7 Build/LMY47V) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/47.0.2$26.76 Safari/537.36"}
=> {"Mechanize"=>"Mechanize/2.7.4 Ruby/2.3.0p0 (http://github.com/sparklemotion/mechanize/)","Linux Firefox"=>"Mozilla/5.0 (X11; Ubuntu; Linux x86_64; rv:43.0) Gecko/20100101 Firefox/43.0", ..., "Android"=>"Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.1.1; Nexus 7 Build/LMY47V) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/47.0.2526.76 Safari/537.36"}

コンソールがテキストを右端で折り返すようになっていると、IRB の評価値である改行なしの大量のテキストでコンソールが埋まり、読みにくいです。

解決法

実行したい処理の末尾に ; nil をつけ足します。

pp Mechanize::AGENT_ALIASES; nil

すると、IRB によるコマンド自体の評価値が nil になるので、以下の最終行のように、IRB による評価値の出力が nil になり、pp の出力だけ表示されます。よって、表示が見やすくなります。

irb(main):003:0> pp Mechanize::AGENT_ALIASES; nil
{"Mechanize"=>
  "Mechanize/2.7.4 Ruby/2.3.0p0 (http://github.com/sparklemotion/mechanize/)",
 "Linux Firefox"=>
  "Mozilla/5.0 (X11; Ubuntu; Linux x86_64; rv:43.0) Gecko/20100101 Firefox/43.0",
 ...
 "Android"=>
  "Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.1.1; Nexus 7 Build/LMY47V) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/47.0.2526.76 Safari/537.36"}
=> nil

参考