読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rails 4.1 以降のアプリを Heroku デプロイ時に Internal Server Error が発生したら

Rails Ruby

問題

Rails 4.1 以降のアプリを

$ git push heroku master
$ heroku open

で Heroku へのデプロイとアプリへのアクセスをおこなうと、Internal Server Error が発生し、以下のメッセージが表示されることがあります。

app error: Missing secret_key_base for ‘production’ environment, set this value in config/secrets.yml (RuntimeError)

「本番環境で secret_key_base が見つからないから、config/secrets.yml の中で値を設定しろ」と言っています。

原因

セッション使用時のクッキー改竄防止に利用する secret_key_base という変数があります。この変数は、Rails 4.0 までは config/initializer/secret_token.rb で設定されていました。

一方、Rails 4.1 からは、新しく導入された設定ファイル config/secrets.ymlsecret_key_base の値を管理するようになっています。このファイルは Web API の secret key なんかを保存しておくのにもつかえます。また、デフォルトでは、本番環境用に以下の要領で環境変数による設定をしています。これでファイルに値を直書きせずにすんでいます。

production:
  secret_key_base: <%= ENV["SECRET_KEY_BASE"] %>

その用途から、本来はバージョン管理下に置かないものだと思いますが、Heroku ではこのファイルが必須となっています。

私の場合だと、GitHub が提供している Rails.gitignore.gitignore として使っていました。これには config/secrets.yml のパスが入ってしまっていました。よって、config/secrets.yml が Git の管理対象になっておらず、Heroku にデプロイしたときに、この config/secrets.yml は本番環境に配置されなくなっていました。結果として、secret_key_base が見つからず、エラーになったようです。

解決法

config/secrets.yml.gitignore に入っている場合、.gitignore から外して、git push heroku master でアプリを Heroku にデプロイします。これで、Heroku 上の環境にも config/secrets.yml が配置されて、エラーは出なくなるはずです。