読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rails 5.0.1 で rails new するとできる Gemfile の git_source ブロックの意味

Rails

Rails 5.0.1 で rails new したときに作成される Gemfile の先頭に次のブロックが挿入されるようになっていました。

git_source(:github) do |repo_name|
  repo_name = "#{repo_name}/#{repo_name}" unless repo_name.include?("/")
  "https://github.com/#{repo_name}.git"
end

これの意味

Gemfile の中で :github オプションをつけた gem について、HTTPS 経由で GitHub から取得します。

git_sourceBundler で定義されているメソッド で、引数のオプション(ここでは :github)が付いた gem の取得先 URL をブロック内で指定できます。

やる理由

Bundler が持つ :github オプションは Git プロトコルで通信するのでセキュアでなく、さらに Bundler 1.13 以降は :github オプションを使っていると警告が出ます。公式ドキュメントでも :github オプションを使うのを避けるよう明記してあります。

このコードを入れておくと、HTTPS 経由で GitHub から gem を取得できるので警告が出ずにすみます。ちなみにデフォルトの Gemfile では web-console:github オプションを使っていますね。Bundler 2.0 ではこの点が対策されるようで、それまでの対処ということです。

入ったプルリクはこちらです。

github.com

参考資料