読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冪等な更新処理の API エンドポイントでは PUT を使うとよさそう

API

結論

  • star や like を付与するような、冪等性を持つアクションのための API エンドポイントでも POST はよく使われる
  • が、HTTP メソッドの意図を考慮すると、冪等な更新処理の API エンドポイントにアクセスするときの HTTP メソッドは、POST より PUT がよりよさそう

何をやったか

Twitter の like や GitHub の star を付与するようなアクションを、API エンドポイントとしてどのように表現すればよいのかというのを考えていました。

データを編集する操作なので POST, PUT, PATCH のいずれかで、さらに新規に like を表すリソースを作ると考えると、POST か PUT かなと思いました。この二つのどちらがよさそうか、既存 Web サービスの公開 API を見ながら調べてみました。

調査結果

POST

Twitter や Instagram の like は POST でした。

Twitter だと、リソース favorites/create を POST で作成するエンドポイントとなっています。

POST https://api.twitter.com/1.1/favorites/create.json

データを編集するための HTTP メソッドには POST はよく使われます。今回のような操作でも POST が使われている場合が多いようです。ただ、POST は送信したデータを指定 URI に従属させることを意図しています*1。たとえば

POST /v1/users

users の配下に新しくユーザのリソースを作成するようなパターンです。

なので、Twitter の API のように、直接リソース favorite/create を URI で指定するのは、POST の本来の意図とは若干異なってくるのかなと感じました。

PUT

GitHub API v3 の star は PUT でした。

リポジトリに対する star では、PUT で user が持つ starred/:owner/:repo というリソースを作成するエンドポイントとなっています。

PUT /user/starred/:owner/:repo

また、Gist に対する star では、PUT で star を作成するエンドポイントとなっています。

PUT /gists/:id/star

PUT を使う場合の要件として

  • 冪等性を担保すべき*2
  • URI でリソースを直接指定すべき*3

があります。

よって、次の理由

  • 一般に star や like は一度付与したら何度付与しても増えたりしない(冪等な処理である)
  • リソース (:repostar) を URI 内で直接に指定している

から、今回のようなエンドポイントでは POST よりも適しているのかなと思いました。

参考資料

Web API: The Good Parts

Web API: The Good Parts

次の Qiita 記事がかなり参考になりました。

qiita.com

*1:『Web API: The Good Parts』2.3.2 節参照

*2:http://stackoverflow.com/questions/630453/put-vs-post-in-rest

*3:『Web API: The Good Parts』2.3.3 節参照