読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

launchd で Homebrew を自動アップデート


追記:Yosemite 以降では以下の記事を参照してください。


Homebrew を使っていて、たまに brew doctor すると、以下のメッセージが表示される。

Warning: Your Homebrew is outdated.
You haven't updated for at least 24 hours, this is a long time in brew land!

そう言われても、毎日手動でアップデートするのも面倒なので、自動でアップデートすることにした。

ジョブの自動実行といえば cron だと思っていた。 しかし、OS X では普通 launchd を使うらしい。 crontab で設定を書くのではなく、XML ファイルに書くという。

そこで、launchd で Homebrew を自動アップデートするように設定してみる。 設定は以下の手順で進める。

  1. 自動実行するスクリプトを作成
  2. launchd の plist ファイルを作成
  3. システムワイド環境変数にパスを設定
  4. plist ファイルをジョブとして登録

環境は OS X Mavericks (10.9.5) である。

1. 自動実行するスクリプトを作成

$ vi brew_update.sh

brew_update.sh は以下の通り。 実行結果はログに書き出す。

#!/bin/sh

log_name=log/`date "+%Y%m%d"`.log

brew doctor >> ${log_name} 2>&1
if [ $? -ne 0 ]; then
    brew update >> ${log_name} 2>&1
    brew upgrade >> ${log_name} 2>&1
fi
$ chmod 744 brew_update.sh
$ mkdir log

2. launchd の plist ファイルを作成

plist (property list) ファイルは、実行したいジョブの設定を書く XML ファイルである。 今回は ~/Library/LaunchAgents/ に置く。

$ vi ~/Library/LaunchAgents/jp.kymmt90.brew_update.plist

jp.kymmt90.brew_update.plistは以下の通り。 毎日 22:00 に実行する。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTDPLIST1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
    <dict>
        <key>Label</key>
        <string>jp.kymmt90.brew_update.plist</string>
        <key>Program</key>
        <string>/path/to/brew_update.sh</string>
        <key>WorkingDirectory</key>
        <string>/path/to/brew_update</string>
        <key>StartCalendarInterval</key>
        <dict>
            <key>Hour</key>
            <integer>22</integer>
            <key>Minute</key>
            <integer>00</integer>
        </dict>
    </dict>
</plist>

3. システムワイド環境変数にパスを設定

launchd はシステムワイド環境変数を利用している。 brew がある /usr/local/bin は、デフォルトのシステムワイド環境変数PATH に設定されていないようである。 そこで、システムワイド環境変数にパスを設定する。

$ launchctl setenv PATH /usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin
$ launchctl getenv PATH
/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin

しかし、この方法では、OS の再起動時に設定が消えてしまう。 設定を永続化するために、/etc 直下に設定ファイル launchd.conf を置く。

$ sudo vi /etc/launchd.conf

内容は以下の通り。

setenv PATH /usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin

4. plist ファイルをジョブとして登録

以下のコマンドでジョブを登録する。

$ launchctl load jp.kymmt90.brew_update.plist
$ launchctl list | grep brew_update
-   0   jp.kymmt90.brew_update.plist

これで、plist ファイルで設定した通りの時間に、設定したプログラムが実行される。

その他

launchd では、マシンがスリープ状態のときに、ジョブが設定された時間になると、スリープ復帰時にジョブが実行される。

参考文献