読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jackson で JSON データを POJO に格納

前回に続いて。

Jackson を使うと、JSON から POJO へデータを格納できる。

基本

以下のような Book という POJO を考える。著者が一人しか設定できないなど、いろいろ問題があるが、例なので気にしないでほしい。

public final class Book {
    private String title;
    private String author;
    private String year;

    public Book() {}

    public String getTitle() { return title; }
    public void setTitle(String title) { this.title = title; }
    public String getAuthor() { return author; }
    public void setAuthor(String author) { this.author = author; }
    public String getYear() { return year; }
    public void setYear(String year) { this.year = year; }
}

一方、以下のような内容の JSON ファイル books.json を考える。ここで、

  • なにもしないコンストラクタを用意する
  • POJO のフィールド名と JSON のキー名を一致させる
  • POJO に getter/setter を用意するか、フィールドを public にする

ことに注意。

[
    {
        "title":"Harry Potter and the Philosopher's Stone",
        "author":"J.K. Rowling",
        "year":"1997"
    }
]

このとき、以下のコードで、JSON ファイルから読み込んだデータが Book に格納される。

ObjectMapper mapper = new ObjectMapper();
Book book = mapper.readValue(new File("books.json"), Book.class)
book.getTitle();    // Harry Potter and the Philosopher's Stone
book.getAuthor();    // J.K. Rowling
book.getYear();    // 1997

JSON のキー名と POJO のフィールド名が不一致のとき

Book のフィールド名 yearfirstEditionYear に変え、getter/setter もそれにしたがって変えるとする。このとき、POJOJSON で持つ値の名前が一致しない。

このような場合、JsonProperty アノテーションを使えばよい。以下に例を示す。

public final class Book {
    private String title;
    private String author;

    @JsonProperty("year")
    private String firstEditionYear;    // <- 名前が JSON でのキー名と一致しないが、アノテーションで year に対応することを明示

    public Book() {}

    public String getTitle() { return title; }
    public void setTitle(String title) { this.title = title; }
    public String getAuthor() { return author; }
    public void setAuthor(String author) { this.author = author; }

    // 以下も名前が JSON のキー名と一致しないが、アノテーションで year に対応することを明示
    @JsonProperty("year")
    public String getFirstEditionYear() { return firstEditionYear; }
    public void setFirstEditionYear(String year) { this.firstEditionYear = firstEditionYear; }
}

これで、前の例と同じように JSON データを POJO へ格納できる。

不変オブジェクトへデータを格納するとき

これまでの POJO は setter を持っていた。つまり、不変でない。しかし、Effective Java 第 15 項にあったように、不変なオブジェクトには多くの利点がある。そのため、JSON から読み込んだデータを不変オブジェクトに格納したい。

まず、不変オブジェクトにするために setter を削除する。さらに、JSON から読み込んだデータによって、オブジェクト生成時にのみ値を設定できるように、JsonCreator アノテーションを付け、引数に JsonProperty を付けたコンストラクタを定義する。

不変な Book は以下のようになる。

public final class Book {
    private String title;
    private String author;
    private String year;

    @JsonCreator
    public Book(@JsonProperty("title") String title,
                @JsonProperty("author") String author,
                @JsonProperty("year") String year) {
        this.title = title;
        this.author = author;
        this.year = year;
    }

    public String getTitle() { return title; }
    public String getAuthor() { return author; }
    public String getYear() { return year; }
}

これで、JSON からデータを読み込んで、不変なオブジェクトを生成することができる。

コレクションに格納するとき

books.json が、以下のように複数の本のデータを持っているとする。

[
    {
        "title":"Harry Potter and the Philosopher's Stone",
        "author":"J.K. Rowling",
        "year":"1997"
    },
    {
        "title":"Effective Java",
        "author":"Joshua Bloch",
        "year":"2008"
    },
    {
        "title":"Effective C++",
        "author":"Scott Meyers",
        "year":"2005"
    }
]

これらのデータを Java のコレクション、例えば List<Book> に格納したいときは以下のようにする。TypeReference<List<Book>>インスタンスを渡すことで、イレイジャにより消されるジェネリックス型情報を ObjectMapper に教えている。

ObjectMapper mapper = new ObjectMapper();
List<Book> books = mapper.readValue(new File("books.json"), new TypeReference<List<Book>>() {});

books には JSON から読み込んだ複数データが格納されている。

books.at(0).getTitle();    // Harry Potter and the Philosopher's Stone
books.at(0).getAuthor();    // J.K. Rowling
books.at(0).getYear();    // 1997
Book ecpp = books.at(2);
ecpp.getTitle();    // Effective C++
ecpp.getAuthor();    // Scott Meyers
ecpp.getYear();    // 2005

まとめ

  • Jackson によって JSON ファイルから POJO へデータを格納できる
  • Jackson のアノテーションを利用することで以下のことができる
  • POJO のコレクションにも格納できる

コード

Java 8 で動作。

参考文献