読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Emacs のパッケージ管理に Cask を導入した

OS XEmacs 環境に Cask を導入しました。

Cask によって、Emacs 環境が依存する elisp のリストをファイルに書き、そのファイルを読み込むことで、コマンドひとつで elisp のインストールやアップデートができるようになります。つまり、導入する elispinit.el とは独立にリスト化できます。例えば、auto-complete をダウンロードするためには、~/.emacs.d/Cask というファイルに以下のように記述します。

(source gnu)
(source melpa)
(depends-on "auto-complete")

最初の 2 行は探索するリポジトリの指定で、ELPA と MELPA から探索しています。3 行目で auto-compelete をダウンロードすることを指定しています。

導入手順をメモしておきます。今回の環境は以下の通りです。

Cask のインストール

OS X では Homebrew を使うとすぐにインストールできます。

$ brew install cask

Cask の記述

依存パッケージリストを ~/.emacs.d/Cask に記述します。例えば、以下のような感じです。

パッケージのダウンロード

Cask を保存しているディレクトリ、今なら ~/.emacs/ で、以下のコマンドを実行すると、Cask に書いたパッケージをダウンロードしてくれます。

$ cask update

init.el の設定

init.el に Cask を使うための設定を書きます。

(require 'cask "~/.cask/cask.el")
(cask-initialize)

この設定により、Cask で導入した elisp を使える状態にする処理(ロードパスの設定など)が走ります。

ここで、Homebrew でインストールすると、ホームディレクトリ直下に .cask/cask.el が作成されないようです。とりあえず、手動でシンボリックリンクを作って対応しました。

$ mkdir .cask
$ ln -s /usr/local/share/emacs/site-lisp/cask.el ~/.cask/cask.el

パッケージのアップデート

以上で Cask が導入できました。導入済みのパッケージをアップデートしたいときは .emacs.d

$ cask update

を実行すればアップデートできます。

参考